ブログ

投稿一覧

2017年04月21日
たんぽぽ今昔物語(南行徳)
2017年04月14日
たんぽぽ今昔物語(小島町)
2017年04月07日
たんぽぽ今昔物語(稲毛・大島)
» 続きを読む

ブログ

たんぽぽ今昔物語(行徳)

サイト管理人です。

 

この度、たんぽぽハウスのHPをリニューアルしまして。

まあ、シンプルなかんじで、やや今風のかたちにしまして。

スマホなんかでも見えるようになりまして。

 

店舗写真なんかも全て撮影しなおして、

現在の姿が掲載されています。

 

で。

古いサイトの情報を整理してましたら、

昔のたんぽぽハウスの写真が出てきまして。

 

そういうものがHP上から消えてしまうのも、寂しいですし、

なんか、少し時代を感じたりして面白かったので、ちょっと載せてみようかと思います。

 

まずは、行徳店。

 

なんか、建物の上が工事中です。

現在は終了しています。

時の流れを感じます。

 

内観を。

 

たんぽぽハウスらしい、

たんぽぽハウス本来の、

殺伐とした雰囲気を感じます。

 

商品案内のPOPが今のものと違います。

手書き・・・、ではなさそうなので、なんかこういうフォントを使ったのでしょう。

センスを感じます。

 

 

さっきの写真もそうですが、

ラックに服がギッチギチに詰め込まれています。

見やすいとか見づらいとか、そういうことでは無かったのでしょう。当時。

店側、客側、双方の覚悟を感じます。

 

それにしても、

上に二枚だけ吊るされた服に、

店舗デイスプレイの妙を読み取れます。

質・量、共に圧倒的なバランス感覚です。

 

流行りの色だったのでしょうか。

ブランド物だったのでしょうか。

カシミヤ等、素材が良いものだったのでしょうか。

 

現在では決して見ることのできない光景がここにあります。

 

 

続いて、

たんぽぽハウス一番の売りである、

特価100円コーナー。

 

現在は消費税8%が導入され、105円の販売ですが、この当時、まだ100円で売っていた時代のようです。

(とはいえ、現在108円にしてないあたりに企業努力を感じとっていただければと。)

 

これを見て分かるのは、

服をラックにかける、というよりは、

服をラックに所属させる、という考え方だったということです。

 

くっついて浮いていればOKと。

服の向きとか、服がかかってる場所とかじゃないんだ、と。

所属させるんだ、と。

買うにあたって、支障があるのか、と。

ないだろう、と。

気合が違います。

もうなんていうか、気合が違います。

 

行徳店はこんなところですね。

 

まだ他のお店もあるのですが、

思いのほか長くなったので、

今日はこのへんで。

 

たんぽぽハウスHP

たんぽぽハウス店舗一覧

たんぽぽハウス買取

たんぽぽハウス行徳店

 

 


サイト管理人

2017年03月11日

たんぽぽ今昔物語(平井)

サイト管理人です。

 

HPがリニューアルしまして。

 

その作業中に、

古いサイトで使われていた店舗写真が

出てきたので、それをちょっと載せてみる続きです。

 

平井店。


外観写真。

行徳の時と同じく、現在消費税8%導入により現在105円で販売しているコーナーが

100円で販売されていた時代の写真の様です。

(だけど、108円にしてないあたり、頑張っていると思ってもらえれば)

→行徳店の記事

 

 

ななめからのアングルで狙ってみました。

となりのテナントの入り口部分

(シャッターが閉まっているところ)にも

まだ開いてないからって

ラックを置いてしまうあたりに、たくましさを感じます。



内観写真。

現在と大きくは変わらないかんじがしますが、

ラックに服をギッチギチに詰め込むかんじと

服はラックに所属させるんだ、という考え方

は、行徳店の時と同じの様です。

気合、覚悟の度合いは各店共通だったのでしょう。

 

 

権利関係で大変危険な写真が出てきました。

この写真はUPしても良いものなのでしょうか。

 

しかしながら、平井店の写真はこの4枚が発見されてまして、

つまりは、平井店の過去の情報の25%はこの写真に託されている、

ということでありまして、

大変不安なのですが、とりあえず、UPしてみました。

 

平井店はこんなところで。

 

また他のお店も載せてみようかと思います。

今日はこのへんで。

 

たんぽぽハウスHP

たんぽぽハウス店舗一覧

たんぽぽハウス買取

たんぽぽハウス平井店

 

 

 

サイト管理人

2017年03月17日

たんぽぽ今昔物語(上野広小路)

サイト管理人です。


HPがリニューアルしたのですけれども。

 

データを整理してたら、
前のサイトで使われていた店舗写真が
発見されたので、試しにそれを載せてみる続きです。

 

今回は上野広小路店。


2年前くらいに改装した上野広小路店ですが、その改装前の写真のようです。

 

特価コーナーは100円での販売です。

(現在は消費税導入の関係で105円の販売ですが、

108円にはしていないあたりで、なんとか許してほしいといういつものやーつ)


 

正面からのアングルで狙ってみました。

入り口テントのデザインは、

この時の方が良かったと思うのは、私だけでしょうか。

 

現在の外観写真。


三回。

 

三回です。

サンプリングされています。

ミニマルな手法がとられています。

 

どうも、たんぽぽハウスです。

大事なことなので、繰り返します。

たんぽぽハウス。

たんぽぽハウスです。

 

さーんかーいめー。

 

店内。

 

写真の質感が昭和です。

いや、撮影は平成なのですが。

質感が古いです。

なんでしょう。

 

 

ナイスアングルです。

グルーヴ感のある写真です。

エキサイティングなかんじがします。

 

服、たくさんあんなっ。

服、たくさん売んだなっ。

ってかんじがします。

 

今も昔も、上野広小路店は、

服をいっぱいおいて、いっぱい売るのです。

 



またしても、権利関係で大変危険な写真が出てきました。

UPしても、本当に大丈夫なのでしょうか。

 

なんか、今回は手が込んでる感じがします。

手前、軽くぼかしつつ、

真ん中、ピント合わせつつ、

奥は、遠くを見てる。

みたいな。

 

プロの仕事でしょうか。

 

ここまで、この黄色のやつの写真が続くと、

コラボなり提携なりしていたのか、

とすら考えてしまいますが、

そんな事実はあるわけもなく、

やはり危険な状態であることに変わりはないわけです。

 

しかしながら、

上野広小路店の写真はこの5枚が発見されてまして、

つまりは上野広小路店の過去の情報の20%はこの写真に託されている、

ということでありまして、

大変不安なのですが、とりあえず、UPしてみました。

 

上野広小路店はこんなかんじで。

 

もう少し他のお店もあるのですが、

またそれは、別のお話し。

 

たんぽぽハウスHP

たんぽぽハウス店舗一覧

たんぽぽハウス買取

たんぽぽハウス上野広小路店

 

 

 

 

 

サイト管理人

2017年03月24日

たんぽぽ今昔物語(稲毛・大島)

サイト管理人です。

HPがリニューアルしてまして。

データを整理してたら、古い店舗写真が発見されたので、
試しにそれを載せてみているところです。

今回は閉店してしまったお店たち。
稲毛店と大島店の巻です。

 

まず稲毛店。


正確には、PAT稲毛店。
場所自体が無くなってしまう、ということで、
惜しまれつつ終了したお店です。

現在は、同じ稲毛のワンズモール店に移店した、
というかんじです。
 → 稲毛ワンズモール店
 → 稲毛ワンズモール店 Twitter


内観を。


結構、広いかんじです。


特価コーナーは100円。
現在は消費税導入の関係で105円の販売ですが(ry

 

まあ、たんぽぽ的、普通な感じです。
特段、飾り立てるわけでもなく、
服がラックにかかっていて、
という。

 

といっても、
広さが結構あるので、
お客さん的には、見やすかったり、
たくさんの商品が見れて、良かったかなー、
とか、そんなことはなーんとなく予想されます。

 

他の写真を。


ほらやっぱり。

楽しそうです。
お客さんが楽しそうです。

常磐ハワイアンセンター、くらい楽しそうです。
イメージだけで言うと。


左側の男性の表情。
手前の女性の足の角度。
一番奥の二人組の会話。

 

楽しそうです。
常磐ハワイアンセンター、みたいです。

 

さすが、広いだけあります。
さすが、たんぽぽハウスです。

 

ワンズモール店も、是非よろしくお願いします。

 

 

続いて、大島店。


このお店は、
僕も、実物は見たことはありません。

惜しまれつつ、
諸事情で閉店した、
とか、なんとか・・・。

 

他の画像を。

 



・・・無い。
・・・無いのかっ?

外観写真、一枚しかない・・・。

愛されなかった子供みたいです。
もしくは、3番目か4番目の子供みたいです。

また、男の子。
あたし、女の子が欲しかったのよねー。

写真はもうお兄ちゃんで散々撮ったし。
服もおさがりでいいわよねー。


あら、奥さんこんにちはー。
ランチ?いくいくー♪



あのね。
奥さん。



そんなことじゃねー、
子供はねー、


グレますよ!!

 

店で言ったらねー、
閉店しますよ!!

 

実際ね、
閉店しましたよ!!



まあ、こちらのお店も同じ駅ではないですが、
今あるお店に、移動したかんじです。

 

どこってことはないけど。


・・・いや、
どこってことはないんだけど。

 

・・・店を出すのは難しいんだよ!!


子育てだって難しいだろ!!
それと同じだよ!!

子供、育てたことないけど!!



今日は終わります。


たんぽぽハウスHP
たんぽぽハウス店舗一覧
たんぽぽハウス買取
たんぽぽハウスワンズモール店

 

 

サイト管理人

2017年04月07日

たんぽぽ今昔物語(小島町)

サイト管理人です。

HPはリニューアルされました。
昔の情報も出しておきたい。
ということで、発見された古い店舗写真を試しに載せています。

今回は小島町店。


小島町、という名前が付いていますが、
場所は西葛西にあります。

小島町団地、という団地の敷地内にあるので、
小島町店、という名前なのです。

東西線西葛西の駅から、
南に行くと、西葛西本店。
北に行くと、小島町店に着きます。


左からのアングル。

現在の小島町店と大きくは違わないかんじです。

隣がお花屋さんでしょうか。
現在はうどん屋さんです。
美味しいです。

団地の人々は、花を買うことを捨て、
うどんを食らう道を選んだのでしょう。


内観を。


内観、
正直、今とそこまで大きく変わりません。

実は、
コアなたんぽぽハウスファンからすると、
小島町店こそが、たんぽぽハウスそのものである、
という意見がある様です。

せまい通路。
敷き詰められた商品。
殺伐とした店内。


最近のたんぽぽハウスは、

キレイすぎる。
見やすい、快適すぎる。
店員の愛想も良い。

これは、たんぽぽハウスと呼べるのか?

 

戦場。


戦場ではなかったのか?
たんぽぽハウスは?

そんな昔からのお客様を
たんぽぽハウスは大切にしたいと考えています。

が、基本的には、そういう方々とは緊張関係にありますので、
言葉は交わしません。

会釈で。



しかし、コンクリート打ちっ放しで、
お洒落なお店と殺風景なお店は、
どこで差が出るのでしょうか?

うまくいけば、小島町店は
お洒落グループに入れるのでしょうか?



中から見た外側。


出ました。
さすが、小島町店。

3点。
3点いきましょう。

1点目。
特価コーナーが100えんn(ry


これは、もういいでしょう。



2点目。
POP「カワイイベビー服」

主観だよね。
「カワイイ」は主観だよね。

だめだよー。
押し付けちゃだめ。
商品案内のPOPだから。

じゃあさ、
「カワイクナイベビー服」
のコーナーもあるの?

ないよね?
じゃあ、だめだよー。
感想入れちゃダメ。
商品案内のPOPだから。

じゃあさ、じゃあさ、
他の商品にも
「カワイイワンピース」
もしくは
「暖かいコート」
とかって、書いてるの?


書いてないよね?
やっぱ、だめだよー。
勝手なことしちゃダメ。
商品案内のPOPだから。

もしかしてさ、
「カワイイベビー服」
って商品名なの?

違うよね?
リサイクル店だもんね?
はい、ダメー。
これ、商品案内のPOPだから。



3点目。
写真右下のキャプション。
「たんぽぽハウス亀戸店店内」


・・・なんなの?
怖い。


間違ったの?
どうしたの?
時空のゆがみ?

やめて、こういうの。
苦手。

 

最後に、
外の販売コーナー。寄った写真。


子供の靴が円形に並べられていてー、
なんていうかー、そのー、


儀式?
なんかの、儀式?


それか、ここで、不幸な事故が?
子供の?

ちなみに、
花屋さんがうどん屋さんになったのと、
なにか関係が?



小型で古いながらに
根強い人気を誇る小島町店。
西葛西本店と併せて、
毎日のお散歩コースにしている方も多いです。

是非、お立ち寄りください。
ほんとは、全然、怖くないよっ。

 

たんぽぽハウスHP
たんぽぽハウス店舗一覧
たんぽぽハウス買取
たんぽぽハウス小島町店

 


サイト管理人

2017年04月14日

たんぽぽ今昔物語(南行徳)

サイト管理人です。

 

ホームページはリニューアルされてまして。

そうすると、昔の情報は消えてしまうわけですが、

それではいけない、と昔の店舗写真を載せる

温故知新的コーナーです。

 

今回は、南行徳。

 

外観。

 

南行徳店は、

外の敷地にもラックを出して商品を販売しています。

 

男女が何の気なしに向き合っている感じが

恋の予感を暗示しています。

 

にしても、すごい数ラックを出しています。
埋め尽くしています。
バザー感がハンパないです。

現在も外にラックを出してはいますが、
こんなには出していません。

敷地を埋め尽くしたこの時代を経て、
恐らく、大人の話し合いがあったのでしょう。

 

やりすぎだ、
すみません、的な。
わかんないけど。


男女の距離は、
離れてしまいました。



内観。

 

いくつかのお店を見てきたので、
もはや、大きな驚きはありません。

いつもどおり、と言えるでしょう。


素っ気ない雰囲気も。

掛けるのに選んだ、
赤と黄色の服のチョイスも。

今では、

かけがえのない、

日常の風景。



これもまあ、いつもどおり。


真剣に向かい合う、
険しい横顔も。


似合うかなって戸惑う、
優しい笑顔も。


「早く帰るから」ってついた、
下手くそな嘘も。



友達の様でいて、
他人の様に遠い。

 

愛しい距離が、
ここには、いつもあるよ。


 

急な毛皮!!

ポエミーな世界に入り込んでしまいましたが、
これは刺激的です。

ぎっしり。

色々な団体から圧力がかかりませんように・・・。
どうかどうか・・・。

 

大きな道路沿いにあって、
車でお買取りの古着を持って行くにも便利な
南行徳店。
是非、ご利用下さい。

 

次回は、ラスボス西葛西本店をやって、
今昔物語は終わりにしようかと思います。

 

たんぽぽハウスHP
たんぽぽハウス店舗一覧
たんぽぽハウス買取
たんぽぽハウス南行徳店

 

 

サイト管理人

2017年04月21日